マップソリューション事業

実績紹介

 紙地図  港の概要と地図

木更津港要覧

木更津港は、東京湾の東岸のほぼ中央に位置し、昭和43年に重要港湾の指定を受けました。京葉工業地帯の一翼を担う工業港として、重点整備が進められ、臨海部に立地する鉄鋼業などに関連した外貿貨物や、砂・砂利等の内貿貨物を中心に取り扱っています。
港湾活動の高度化・効率化、市民が海と憩える場の創造等の整備を図るため、港湾計画を平成22年3月に改訂。物流、観光・交流・アメニティ、環境、防災の4つの機能が融合した魅力ある港の実現に向かっています。

発行 千葉県様
使用基図 2万5千分1地形図
サイズ 84.1×59.4cm
木更津港要覧 地図面
港湾区域、港域、臨港地区、海岸保全区域、港湾隣接地域、各種岸壁、航路、航路標識、土地造成区域等を地図上に表示。
縮尺は2万5千分の1。
木更津港要覧 情報面
港の概況、港湾施設、施設使用料、ポートサービス、港湾統計、管理組織、関係官公庁・諸団体を表グラフ等でまとめています。