マップソリューション事業

実績紹介

 紙地図  カラーユニバーサルデザインに配慮

調布市洪水ハザードマップ

水害等の自然災害に対しては、日頃からの備えが重要です。
「調布市洪水ハザードマップ」は、国土交通省が公表した多摩川浸水想定区域図及び東京都が公表した野川、仙川、入間川浸水想定区域図に基づき、台風や大雨によって、河川の氾濫・内水被害が発生した場合の浸水想定区域及び避難所を示しています。
「調布市洪水ハザードマップ」は色覚の個人差を問わず、より多くの人に見やすいカラーユニバーサルデザインに配慮して作られていると、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構により認証されています。

発行 調布市総務部総合防災安全課様
使用基図 東京都2500分1地形図
サイズ 59.4×84.1cm
調布市洪水ハザードマップ 情報面
「大雨が降ってきたら」「日ごろからの心得・準備」「家庭での簡易水防工法例」などの情報を掲載。
調布市洪水ハザードマップ 地図面
急傾斜地崩壊危険箇所、家屋倒壊等氾濫想定区域、土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域、避難所、防災備蓄倉庫などの位置を示しています。
また、標高に応じた塗りわけをしています。
地図の縮尺は、1万分の1です。