マップソリューション事業

実績紹介

 調査  地図と防災情報を重ねて、様々な事柄をあぶり出す

「地籍調査推進のための詳細調査」

災害復興の観点から、地籍調査の重要性が改めて認識されています。
地籍調査推進のための詳細調査は、今後、地籍調査を重点的に進める区域の検討等に活用されます。地図と防災に関する情報を重ね合わせることで、これまで可視化されていなかった様々な事柄があぶり出されました。 今後の調査地区の検討に利用できるよう、地籍調査がなされている地域の傾向を分析・提示しています。
「災害復旧の迅速化」につながる地図を通して、当社は都市づくりにも貢献していきます。

取引先 東京都都市整備局様
使用データ 2万5千分1地形図、浸水予想区域GISデータ、液状化予測図、木造住宅密集地域整備プログラム等
使用GIS ArcGIS
地籍調査画像 地籍調査実施状況図と木造密集地域を重ね合わせることで、地籍調査が木造密集地域において積極的に行われていることが分かります。
地籍調査画像 地籍調査実施状況図と浸水予想区域を重ね合わせることで、地籍調査が河川に沿って進められていることが分かります。