デジタルマップ 業務フロー 02


空中写真から地図データを作成しよう!



衛星画像を判読し、河川・湖・道路・橋梁・滑走路・鉄道・建物等の地物を取得します。
取得基準に従って取得した地物に、細分コード等の属性を付与します。
世界各地のデータ作成が可能です。



仕様確認


作成する地図データの仕様および要求される品質を把握します。


資料整理


地図データ作成に使用する空中写真や資料を確認、整理し、使用方法を確認します。
必要に応じてラスタデータの位置合わせなどの加工を行います。


作業工程設計


地図データ作成作業の工程を考えます。
作業手順書など作業に必要な書類を作成します。


予察


地図データを作成する地域の地形、気候風土、文化、土地利用などの特徴を確認します。


入力


GIS ソフトを使用し、空中写真および各種資料を下敷きにして地図データを入力します。


検査


入力した地図データが要求される品質を満たしているか検査します。
検査項目は目視検査およびツールを使用した論理検査から構成されます。不合格の場合はデータを修正して再度検査を行います。


提出・納品

検査に合格したデータをお客様に納めます。

必要に応じて
お客様と
打ち合わせ

不明点や問題点が出てきたらお客様と打ち合わせを行い、問題を解決します。


▲ページトップへ